bitcoinの抱える問題とは?

仮想通貨
スポンサーリンク

バオウです。

前回までべた褒めしていた貨幣×ブロックチェーンの代表格である

bicoinが現在抱える問題について言及してみたいと思います。

 

早速ですが、課題に関しては以下のリンクを参照してみてください。

参考:https://blockchainexe.com/blockchain_problem/

非常によくまとめてらっしゃいますので、大変参考になりました。

この場を借りて御礼申し上げます。

 

さて、リンク先に記載があるように、bitcoinは様々な課題を抱えています。

ここでは代表例として、スケーラビリティ問題について言及してみましょう。

(その他は割愛します。)

bitcoinのトランザクション速度は7tpsとされています。

トランザクションとは、ある一定区間の取引履歴のことを指しましたね。

ここでは1秒間に7件の取引情報が処理可能であるといえましょう。

 

これが何を意味しているのかを理解する為に、大雨の日のダムについて考えてみましょう。

天気予報により、大雨になる事が予め予測できた夏のある日。あなたはダムの水門を

開きました。水門から放出される水量は毎秒1Lとしましょう。(現実では機能しませんが)

ここで、ダムに貯蔵できる最大水量は10Lとします。

雨量が毎秒0.5L程度なら問題なく放水可能だと思います。

これが仮に毎秒2.0Lになったら?そうですね。放水速度<貯蔵される速度

となる為、ダムにはどんどん水が溜まっていきます。

しまいには、ダムから水が溢れ出し、とんでもないことになりかねません。

 

bitcoinはまさしくこのような状況に差し掛かっているのです。

とはいえ決壊する事はありません。ただただ処理が間に合わずに、無限のダムに

トランザクションが蓄積されていく事になります。

 

ではなぜこれが問題となるのでしょうか。

答えはbitcoinを決済手段として用いようとするからです。

決済として用いる以上、やはりスムーズな取引が要求されます。

上記リンクにもあるように、クレジットカードのトランザクション速度は

最大約6000tpsと言われています。

 

比較対象にならないくらい処理が遅いのですね。。

 

こんなに遅くては、取引情報がどんどんダムに蓄積されていきます。

もちろんブロックチェーンを用いている為、原理的には時系列に

処理情報が並ぶはず。あなたが送金した情報は、あなた以前に

ダムに蓄積された情報が処理された後にしか処理されないのです。

 

おわかりいただけたでしょうか。

これがスケーラビリティ問題の全貌です。

処理速度が圧倒的に足りない為、トランザクションが詰まるのです。

文字通りトランザクション詰まりと言われています。

 

 

bitcoinはそもそも、貨幣×ブロックチェーンの市場実験的な立ち位置にありました。

現在は投機的な立ち位置となっていますが、そもそも実験の為に作られた

仮想通貨といっても過言ではないと思います。

スケーラビリティ以外にも様々な問題は存在します。

これらの問題を解決する為に、日夜開発が行われている、という事です。

 

いかがでしたでしょうか。

スケーラビリティ問題について疑問解決の糸口となれば幸いです。

次回は課題の多い、bitcoinを改善した通貨である

ディジバイト(DGB)について言及してみたいと思います。

次回もよろしくお願い致します\(^o^)/

 

by バオウ

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました