WordPressでプレビューが表示されない時の対処方法(xserver利用者対象)

困りごと その他
困りごと
スポンサーリンク

どうもです。バオウです。

※この記事はPCもしくはタブレットでの閲覧を想定しています。

 

みなさんWordpressのプレビュー機能を利用なさってますか?

記事公開前に”自分の書いた記事、どう見えてるかなー”って思い、

プレビュー機能を利用する事も多いと思います。

でもでも、様々な原因はあるものの、

 

“プレビューボタンを押したら、記事が見つかりませんと表示される”

 

なんて課題に面した事はありませんか?

私は少し前までほったらかしていましたが、改善方法がありますよ!

 

この記事を最後まで読んでいただけたら、きっとプレビュー問題は

解決できると思います。また、今回はXserverを利用している人に

特化して、修正方法を書いてみたいと思います。

 

Xserverを例にあげていますが、根本的な対策はどれでも一緒なので

ご自身の環境に置き換えて読んでみていただいても解決できると

思います。

 

プレビューが表示されない

WordPressで記事編集し、公開直前にチェックしたくなる事は

日常的にあるかと思います。そこで”公開”部分に配置されている

プレビューボタンをポチッとすれば、公開前に記事を確認する

事が可能ですね。

 

しかし困ったことにプレビューができないといった現象に悩まされ

る事があります。現に私も最近までその一人でした。

 

プレビューが利用できないと、公開してから自分のHPにアクセス

して、レイアウトとか諸々を確認しないといけなくなりますよね。

個人のブログ等アクセスが少なければそれでもOKなのですが、

アクセス数が多くなってくると購読者に自動通知している場合も

ありますので、この手法は使えません。

そこで今回はプレビューされない原因と対策について事例を

交えて記事にしてみたので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

私はXserverを利用していますので、Xserverでの改善方法を

例に解決していきましょう。

 

プレビューが表示されない原因

原因は様々ありますが、こちらの記事が非常によくまとまって

いるため、参考リンクを貼り付けさせていただきます。

参考:wordpressで記事のプレビューが表示されない場合の対処法

 

要因は大体3つに分類されるようです。

  1. WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)が異なっている
  2. 認証用ユニークキーが原因
  3. 例外処理を入れず「pre_get_posts」を使って記事の並び替え処理などを入れてしまった

 

私の環境的にXserverのWordPressインストールを利用

したので、1は意図的な設定変更をしない限りありえません。

だとすると、2, 3が該当する可能性が高いので、まずは2の

根本的な内容を調査してみましょう。

さて、先程のリンク先によると、

最初にサイト構築した後にURLの変更や独自ドメインの取得など

を行なった場合、上記が原因で表示されなくなる場合がある。

との事です。確かにドメインの取得などを実行しましたので

何やら怪しい匂いがプンプンします。認証用キーが怪しそうです。

ですが、情報の出所が一つなのは少し不安になりますね。

 

では他のサイトを回遊して、情報を整理してみましょう。

参考:WordPressのプレビューが表示できない時の対処法

リンク先によれば、

WordPress バージョン2.6から採用されたもので、ユーザーの Cookie に保存される情報をより強固な暗号化で守るための仕組みです。V2.6の時は3種類でしたが現在はもう少し増えて8個にになっています。

この認証用ユニークキーが他のサイトと同じであたり、デフォルトのままになっていたりすると記事のプレビュー機能が働かなくなるようです。公開前に確認作業ができないのは不便です。下記の方法で対策してみてください。

WordPressのバージョンアップに伴い、認証用キーの強化が

なされたようです。

今回の場合、XserverのWordPressインストールを利用したので、

認証用キーにテンプレート的なものを利用していると考えられます。

これが恐らく根本的な原因でしょう。次節以降で修正していきます。

Xserver上でのファイル編集

Xserverへのログイン

Xserverにログインします。

ご自分のメールアドレス(もしくは会員ID)およびパスワード

を入力してください。

Xserverログイン画面

Xserverログイン画面

 

ファイルサーバーへのログイン

Xserverへのログインが完了したら、次のステップです。

インフォパネル中段に、ご契約一覧という項目があるかと

思います。そこのファイルマネージャーにログインして

ください。

そうすると“Xserver FTP”が立ち上がると思います。

→ご自身のサイトドメインをクリックしてください。

そうすれば以下のフォルダ構成が見つかるかと思いますので

public_htmlフォルダをクリックしてください。

次節でWordPressの中身を少しいじります。

publick_htmlへの道

publick_htmlへの道

 

wp-config.phpの編集

publlic_htmlフォルダ内には様々なファイルが混在していますが、

今回の目的はWordPressのプレビューを利用できるようにする為に

認証キーを設定する事です。

 

そこでアクセスするファイルはwp-config.phpというファイルに

なります。ここで枠左くらいにあるチェックボックスにチェックを

入れ、ファイルの操作部→編集をクリックしてください。

そうすると、wp-config.phpの中身を編集する事が可能となります。

以下の画像をご覧ください。画像中、xxxxxxxの部分には、

利用者固有の文字列が記載されているはずです。

全て同じ文字が入っていませんか?これが原因です。

wp-config.phpの中身

wp-config.phpの中身

この文字列をユニークなものに変更しないといけません。

 

どうやって変更するのか

オンラインジェネレーターというサービスを利用します。

リンク:https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

ここにアクセスするだけで、プレビュー改善に必要な

ユニークな認証キーを発行する事が可能です。

 

さて、発行した認証キーを先程の編集画面から貼り付け

しまいましょう。それで終わりです。

生成された認証キーを、従来のファイル内の8つのdefine

に対して全て上書きします。

どうしても不安な方は編集前時点でのwp-config.phpを

バックアップしておくと良いでしょう。

 

上書きして、保存すれば編集完了です。

 

検証

WordPressの投稿画面から、題名: test 本文:test

と書かれたテスト投稿を書いてみました。

その後、プレビューボタンを押してみると?

はい、プレビュー完了です。

test検証結果

test検証結果

 

これでプレビュー機能が利用できるようになりました。

手順まとめ

今回実施した手順をまとめましょう。

  1. Xserverへログイン
  2. ファイルマネージャーへログイン
  3. XserverFTPで自分のドメイン名フォルダを選択
  4. public_htmlフォルダを選択
  5. wp-config.phpを選択
  6. define xxxx文字列を確認
  7. オンラインジェネレータで認証キーを発行
  8. define xxxxをコピペで書き換える
  9. 検証して、プレビューが利用できる事を確認する

以上です。簡単ですのでぜひ修正してくださいね!!

 

スポンサードリンク スポンサードリンク

2019/04/07 追記

WordPressのメジャーアップデートが昨年実施されました。

それに伴いエディタの仕様が変更されたのですが、エディタ仕様に

各テーマが追従できていないので、下書きが保存できない!

という不具合が生じているみたいです。

 

暫定対策ではあるのですが、以下のプラグインを導入して

従来と同様のエディタ仕様に戻してあげる事でとりあえずは

ブログの編集が可能になるみたいです。各テーマの対策に

期待して待ちましょう^ – ^

classic editor

classic editor

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました