Python開発環境構築

python Python
python
スポンサーリンク

バオウです。

Pythonの開発環境構築について記載していきます。

具体的には以下の手順に沿ってMinicondaのインストールを実施してください。

 

①ご自分のPC環境を確認してください。バオウはWindows10 ですので、

例としてWindowsの確認方法を記載します。参考にしてください。

左下Windowsボタンクリック → 設定ボタンクリック

→システムを選択 → バージョン情報を確認

 

OS確認結果: エディション Windows 10 Home

システムの種類: 64 ビットオペレーションシステム

 

②リンク先からOSに合ったバージョンのパッケージをDLします。

Miniconda:https://conda.io/miniconda.html

バオウはWindows10, 64bitですので、赤枠内を選択します。

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、

Pythonには3系列と2系列の2種類が存在します。

最近はPython3系列での開発が主流となっていますので、3系列を選択で問題ありません。

一部ライブラリは2系列でのみ提供されている場合もありますが、

その場合は仮想環境下で動作させる事が可能です。

仮想環境に関しては都合が付けば記載しますが、今回は無視で結構です。

 

③DLファイルを開きます。以下表示が出るかと思います。

Next>をクリックして、手順を進めていくと、”Advanced Installation Options”

の項目までたどり着くと思います。

チェックボックスにチェックを入れてInstallを実行してください。

これでインストール完了です。

(下記画像のように赤文字で注意喚起されるかもしれませんが無視してください。)

 

④インストールが無事完了しているかを確認します。

いずれかの方法でコマンドプロンプトを起動してください。

 

1.Windowsボタン → コマンドプロンプトと入力 → コマンドプロンプト起動

2.キーボード上”Windows + R” を入力 →”cmd”を入力    → コマンドプロンプト起動

 

④プログラマっぽいものが起動したら成功です。

以下画像のように、”python”と入力してみてください。

→ >>>が表示されましたか?

 

⑤これでインストールと確認作業は完了です。

では、プログラミングを始めるときのおまじないをしましょう。

>>> print(“Hello, World.”)

と入力してみてください。Hello, world と表示されると成功です。

 

これでインストール作業は完了です。さて、Minicondaをインストールしたのにはわけがありまして。

この黒い画面だけを見つめていたら気が滅入りそうですね。(Linux好きの玄人たちは別ですよ!)

そこで、再度黒色画面を立ち上げてみてください。手順は④を参照です。

さて、今度は”spyder”と入力してみてください。

こんなものが表示されましたか?これが統合開発環境と呼ばれるものです。

統合開発環境に関してはググってみてください。すぐ答えは見つかります。

名前からして全部入りって感じがしますね。

 

さて、spyderを使って先程の”hello, world”を実行してみましょう。

左側がエディタ部と呼ばれる部分で、先程コマンドプロンプト上で記載した

print(“Hello, World.”)を書いてみてください。

書けたらファイルを保存します。

ファイル → 形式を指定して保存 → test.py と指定して保存してみましょう。

その語、キーボード上F5を押下してみてください。

今度は右側、コンソール部に実行結果が表示されているかとおもいます。

ちゃんと”Hello, World.”が表示されましたか?

 

 

これで開発環境構築は完了です。Minicondaを入れる事で

統合開発環境の構築ができた、というわけですね。お手軽。

この環境を使ってAPIからの情報を取得して表示してみましょう。

次回以降を乞うご期待で!

by バオウ\(^o^)/

Python
スポンサーリンク
バオウをフォローする
マイナーなマイナー(Minor&Minner)

コメント

  1. […] spyderの立ち上げ方を忘れた場合はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました